治療内容

医院紹介

虫歯の治療・充填(詰め物)

 虫歯は口の中にいる虫歯菌が産生する酸により歯が解ける病気で、一種の感染症です。
 虫歯の程度はC0~C4という表し方をします。その程度によって治療の方法が変わってきます。

C0 虫歯になりかけ 虫歯になりかけの歯で、表面が白濁した状態。改善することもあるので経過観察。
C1 エナメル質内の虫歯 エナメル質内にとどまった虫歯。初期なので、経過観察or初期う蝕の填塞のみ。
C2 象牙質まで進んだ虫歯 虫歯になりかけの歯で、表面が白濁した状態。改善することもあるので経過観察。
C3 歯髄まで進んだ虫歯 歯髄(一般に「神経」といわれている部分)にまで虫歯が及んだもの。歯髄を抜く、または感染した根管 (「神経」の入っていた根の部分の管を消毒・殺菌し、根管に詰めてから歯の表面の部分の詰め物、被せ物をする。
C4 根のみ

歯の頭の部分(見えている部分)が全てなくなり、根だけになった状態。以前は抜歯の対象と考えられた悪化した 歯も、現在は保存することが出来るようになった。

当院では割れてしまった歯も含めて、歯を残すことに最善を尽くしています。

C2、C3における詰め物について

 詰める素材は大きく分けて5種類あります。

セラミック セラミックだけでできた、白く美しく、時間がたっても色が変わらず、 生体に害のない詰め物。精密な型を取って微細なところまで配慮して詰める。
ハイブリッドセラミック セラミックとプラスチックを合わせて作ったもの。白く精密で美しい。経時的に多少変色する。
精密にでき虫歯になりにくく、以前は多用された。現在も見えない部分(上顎奥歯など)には使用する。
プラスチック 白く簡便にでき、費用も少ないが変色が大きい。摩耗、咬耗しやすい。
パラジウム合金 保険治療可能。銀色。精密度、審美性に問題あり。

根の治療(C4における治療)

  根の治療は、根管(歯髄の入っていた管)をきれいにする治療のこと。虫歯が歯髄(一般的に「神経」とよばれるもの)にまで達していて、歯髄の感染があるときは、歯髄を抜きます。また既に空洞になっている感染した根管は、消毒・殺菌をしてきれいにしてから、根管に詰め物をします。主にガッタパーチャーというゴムのようなものを詰めますが、シルバーポイントを入れることもあります。詰め物が終わったら、レントゲンで確認し、次に土台を作ります。以前は金属の土台が多かったのですが、最近は歯根の破折を防ぐ目的でグラスファイバーでできたファイバーポストを使用するようになりました。土台の形を整えてから型を取ります。型から作った模型の上で、詰め物や冠を作成していきます。冠の材料はオールセラミック、メタルボンドセラミック、ハイブリッドセラミック、金、パラジウム合金です。(冠の種類についてはクラウン・ブリッジ参照)

治療に関するご相談・ご予約はお電話で受け付けております。
TEL:03-6426-6228
(平日9:00~13:00/14:00~17:00/土日祝:休診)

トップページへ戻るページトップへ

当院の理念施設案内理事長・院長案内アクセス院内新聞よくあるご質問お問合せトップページへ戻る

医療法人社団 六医会 城南歯科医院 〒152-0012 東京都目黒区洗足2-27-10 TEL 03-6426-6228
Copyright©JONAN DENTAL CLINIC All Rights Reserved.