治療内容

医院紹介

歯周病治療

 歯周病は、口の中に存在する歯周病菌によっておこる感染症です。口腔内が汚れてプラークがたまったり、大量が悪かったりすると歯周病菌の数が増し、悪さをします。
 歯周病菌は酸素が嫌い(嫌気性菌)なので、歯周ポケットの奥に入り、毒素を出して、歯肉や歯槽骨に炎症を起こさせます。それによって歯肉が赤く腫れたり、がでたり、骨が解けて歯が動揺したりします。放っておくと歯が抜ける病気です。
 最近は全身との関係も解明されています。血管を通じて歯周病菌が全身に広がり、糖尿病をはじめ、肺炎心内膜炎血栓動脈硬化等の原因にもなっていると考えられている怖い病気です。
 まず、予防として歯磨きが大切ですが、なってしまった場合の治療方法もいろいろあります。

歯周病治療法の種類

 歯周病は痛みもなく知らずに進行する病気で、完全に治すことは困難な時もありますが 程度に合わせた様々な治療法があります。歯と歯肉の間のすき間を「歯周ポケット」といいますが、 その深さで歯周病の程度を決めます。

1. 歯石除去(スケーリング)

 普通の歯磨きではおちないプラークや歯石を、プロが特殊な器具を用いてきれいにします。 初期の歯周病はこれでよくなります。(ポケットの深さは3mm程度

2. スケーリングルートプレーニング

 スケーリングを行っても歯周ポケットの深さが4mm以上の時は歯肉の下まで機械できれいにします。 歯根の部分の歯石・歯垢(プラーク)を取り、平たんにすることで歯肉が再びくっついてポケットが浅くなります。

3. 歯周外科手術

スケーリングルートプレーニングを行っても効果が得られない、進行した状態の時、麻酔をし、 歯肉をはがして歯根を肉眼で見ながら不良肉芽、歯石、プラークをきれいに取ります。その後、歯肉を元に戻し 縫合します。1週間後に糸を抜きます。

4. 再生医療・エムドゲイン手術

 保険治療外となりますが、先端技術を用いた手術がより治癒を促します。3とほぼ同様な様式ですが、歯根をきれいにした後、歯根の表面に「エムドゲインゲル」という骨の再生を促進する「歯周組織再生用材料」を塗布します。今まで諦めて抜歯となっていたような、膿の出ていた歯も、再び使えるようになるという画期的な手術です。

治療に関するご相談・ご予約はお電話で受け付けております。
TEL:03-6426-6228
(平日9:00~13:00/14:00~17:00/土日祝:休診)

トップページへ戻るページトップへ

当院の理念施設案内理事長・院長案内アクセス院内新聞よくあるご質問お問合せトップページへ戻る

医療法人社団 六医会 城南歯科医院 〒152-0012 東京都目黒区洗足2-27-10 TEL 03-6426-6228
Copyright©JONAN DENTAL CLINIC All Rights Reserved.