治療内容

医院紹介

クラウン(歯の被せ物)

 歯の被せ物は冠「かん」(クラウン)と呼ばれ、虫歯が進んで歯の表面が大きく 損傷した時に行われる治療です。また、虫歯でなくても、色素沈着、著しい捻転、形態の異常がある時も 行うことがあります。
 基本的にはまず、歯の支台(土台)を作ります。天然の歯だけでは足りない部分は金属やファイバーポスト、 硬質レジン(プラスチックの一種)等で補って形を整えます。以前は金属が多かったのですが、歯の破折を防ぐために 現在はファイバーポストが多用されるようになりました。

【 冠の種類 】

オールセラミック

全てセラミック(陶材)でできた冠。
白く美しく、周りの歯に合わせて色を調整しやすい。変色もなく精密にできて、生体に対しもっとも害がない。 前歯など審美を重視する部分に最適。
金属に比べ多少弱い面もあるが丈夫さを増すために内側にジルコニア(人工ダイヤモンド)のフレームを 入れることも多くなり、応用範囲が広がっている。

メタルボンドセラミック 冠の内側に金属のフレームを作り、その表面にセラミックを焼き付ける。(金属焼付ポーセレンともいう)美しさと丈夫さを兼ね備えていて、長い間セラミックの代名詞であった。最近は金属を使わないオールセラミックの審美性の高さに押されている。しかし、舌側歯質の削去量が少なくて済むことから、臼歯部においてまだまだ使われることが多い。
ハイブリッドセラミック セラミックをレジン(プラスチックの一種)を合わせたもの。白くて美しいセラミックの特性と、操作性の良さ、多少の弾力性、経済性というレジンの特性を備えている。咬合圧の強い歯には丈夫にするために内側に金属のフレームを入れて、表面のみハイブリッドセラミックで白く覆う。オールセラミック、メタルボンドセラミックに比し、色調の点で再現性が難しいことがある。
もっとも精密にでき、2次う蝕(治療した歯がまわりから再び虫歯になること)になりにくい優れた材質。以前は多用されたが、審美的に好まれなくなり、現在は見えない部分に使用することがある。
パラジウム合金 保険診療で応用される経済性に優れた金属。丈夫さはあるが、精密性、審美性に優れているとは言い難く、金属アレルギーの面でも問題が起きる場合がある。

ブリッジ

 ブリッジは、歯が抜けた後、その前後にある天然の歯を削り、冠を作り「橋わたし」をするように 途中をつないでなくなった歯を補うものです。
 天然の歯の部分を支台歯といい、「橋」にあたる抜けた箇所をポンティックといいます。

【ブリッジの形態による種類】

通常のブリッジ

抜けている歯の両隣に天然歯があり、冠を被せてつなぐ。

接着性ブリッジ 両隣が健全歯で、冠を被せるにしのびない時、削らないで接着するだけにとどめるもの。
脱落しやすい。
インレーブリッジ 両隣が小さい虫歯だけの時は全宅を削らず、小さく削るだけにしてつなぐ。
はずれ易く、2次う蝕になりやすい。
延長ブリッジ 隣に歯がないとき、「ひさし」のようにポンティックをつけます。
支台歯が傷みやすいのが欠点です。

【ブリッジの材質による種類】

オールセラミック

ジルコニア(人口ダイヤモンド)でフレームを作り、表面に陶材を盛り付ける、美しく仕上がり、為害性がない。特にポンティックの底の部分は粘膜に接するので、汚れのつきにくいセラミックは非常に有効である。金属やプラスチックが長時間粘膜に接していると汚れがついてプラークが増すのみならず、材質そのものが害を及ぼすことがある。

メタルボンドセラミック 金属でフレームを作り、セラミックを焼き付ける。丈夫で美しい。
ハイブリッドセラミック 金属でフレームを作り、ハイブリッドセラミックを表面に付ける。
パラジウム合金 保険摘要の経済性に優れた材質。適合性、色調の審美性に問題が残る。

治療に関するご相談・ご予約はお電話で受け付けております。
TEL:03-6426-6228
(平日9:00~13:00/14:00~17:00/土日祝:休診)

トップページへ戻るページトップへ

当院の理念施設案内理事長・院長案内アクセス院内新聞よくあるご質問お問合せトップページへ戻る

医療法人社団 六医会 城南歯科医院 〒152-0012 東京都目黒区洗足2-27-10 TEL 03-6426-6228
Copyright©JONAN DENTAL CLINIC All Rights Reserved.